トライアルサービス

HOME >> トライアルサービス >> 「おどるんだモン」くまモン×ICTによる観光拠点の活性化
トライアル終了

「おどるんだモン」くまモン×ICTによる観光拠点の活性化

映像同期型AR技術を活用した3Dくまモンとの新体験

  • NTTのメディアインテリジェンス研究所の映像同期型AR技術「Visual SyncAR」を用いたアプリ『おどるんだモン』を「くまモンスクエア」にて展示します。
  • くまモンの公式イメージソング「くまモンもん」のダンス映像をタブレットのカメラを通して見ると、くまモンを始めとするARオブジェクトが映像に併せて動き出します。
  • 「3Dくまモンと一緒に踊れる」観光拠点として、くまモンスクエアからの熊本のプロモーションをより効果的に演出します。

くまモンスクエア(http://www.kumamon-sq.jp)はH25.7月にテトリアくまもと1Fにオープンした県の観光拠点です

利用イメージ

利用イメージ

AR(Augmented Reality:拡張現実)技術  
実世界を撮影した画像にCGなどの仮想的な情報を重ね、拡張された現実を表現する技術です。従来のAR技術では、『静止画』に対して補足情報を付加することが一般的でしたが、NTTのメディアインテリジェンス研究所では『動画』に情報を付加するAR技術を開発しました。これにより、動画内のシーンやタイミングに合わせた柔軟な情報の表現が可能となりました。

電子透かし技術
映像や画像に人の目では気づかない変更を加え、ID番号などの別な情報を埋め込む技術です。

概要ビデオ

「再生」ボタンを押すと、動画の再生が始まります。

ページの先頭へ
審査13-2503-1
Copyright (c) SMART HIKARI TOWN KUMAMOTO PROJECT All Rights Reserved.